ウエダテツヤの米国軟着陸

ドラマー・ウエダテツヤのアメリカ生活を赤裸々に報告

米国軟着陸 #65

f:id:uedagym:20181217045734j:image

FORWARD米ツアーレポートをじっくりと読んだ。媒体の都合上、文字の制約があったようだがどう転んでも素晴らしい内容に手汗をかきながら読み進めた。そしてBLACK CATでの体験を思い出していた。

 

本文にもあるように言葉を得ながら進化したツアーだったのは容易に想像出来た。

現に俺がD.C.で観た時は、難なくMCを理解出来たし、会場全員が理解していた。言葉も文化も違う国で、更にステージ上で、あれだけクリアに意見を投げられるって生半可ではない。

更に演奏。戦車かよ!ってグルーヴ。完全に轢かれてしまった。

25日25本、全米+カナダトロント

正気の沙汰とは思えない。本当に凄い。

電話で#stdrumsユージユージ・レルレ・カワグチ#STDRUMS on Twitter: "#STDRUMS【完全アナログレコーディング & UKプレスレコードアルバム製作プロジェクト】ストレッチゴールの『レコードお渡しフリーワンマンライブ』ですが、KICKSTARTERへの支援からでも優先参加可能です!乗り遅れた方はこちらもよろしくお願いいたします! CAMPFIRE - https://t.co/3rI9WgUJhO… https://t.co/ACdew4KM4K"が言っていた「なんてったって前進だからしょうがない」って言葉に100%納得のライブだった。

当日はあまりに自分と照らし合わせ過ぎて、強烈なグルーヴと迫力が誇らしくて、モッシュピットでベソをかくと言う心が洗われる体験もした。(笑)

 

会場にはWillの姿も。

Willはこの回の絵の購入者⬇︎

米国軟着陸 #59 (番外編) - ウエダテツヤの米国軟着陸

FORWARDのグッズをアレコレ物色していた。

ご満悦の様子にこっちもホッコリ。

—————

さて、自分の事も。

とりあえずの8ヶ月。大小2つのスーツケースと大量のドラムスティックだけを持って、日本で一回対バンしただけのたった1人の知り合いを頼りに着地したDMVエリア。通用する経歴も、バックボーンも、何一つ無く、DIYで、ただ自分の足と音楽だけで入り口の階段を建設する事に成功した。2週間後に始まる1ヶ月に及ぶツアーである。

f:id:uedagym:20181217055545j:image

この短い、だが大規模なツアーの打楽器陣はClutchのJean-Paul Gaster、FugaziのBrendan Canty、Mike Dillon、そして俺。俺だけが誰も知らない謎の東洋人。何が出来る?入り口の階段の先のドアノブに手を掛けるか?ドアを開けられるか?人生最大の試練であり喜びであり、ステップである。演奏するLIONIZEはかなりトラディショナルなUSロックバンドだが、もちろんそこをフォローして終わらせる気は無い。自己表現100%で会場を揺らしたいものだ。

 

Holiday Runを終えると元旦が唯一のオフ、すぐにMUSHAxKUSHAのツアーへと雪崩れ込む。

f:id:uedagym:20181217061735p:image

離脱時の一つの約束だったツアーの制作を果たし、俺の空席期間、バンドは、個々はどんな進化を遂げているのか、非常に楽しみである。10本の大小様々な環境と地域で、どうなるか想像もつかない。


f:id:uedagym:20181217062805p:image

更に御一行は台湾へ。こちらはMUSHAxKUSHAベーシスト平のオーガナイズ。USAと違ってタイムテーブルなどが事前に決まりちゃんと書面で送られてくる時点で懐かしい感じもする。

 

f:id:uedagym:20181217062811j:image
f:id:uedagym:20181217063053p:image

そしてつかのまの一時帰国。

1/21に日本に到着(1/17に一時着陸するけどすぐ台湾なので)

1/23は地獄の曼珠沙華(いつかこのバンドもUSツアーをマネジメントしたいものだ)

1/26はMUSHAxKUSHAツアーファイナルワンマン

1/27にはD.C.への帰路につく。

 

あらま、ぴったり12/27から1/27まで、3ヶ国を行き来して利を掴んで行くわけだ。

————

少年の様な心で!FORWARDのツアーとライブに感銘を受けた体験を燃料にして駆け抜けたい。

俺は決して所謂パンクスでは無い。ロックンローラーでもヒップホップでもない。

本来音楽は形容出来ない。

でも、意見を曲げず、スタイルを曲げず、自分の音楽としての存在が誰かに興奮や勇気を与える事に集中して表現する事、それがジワジワと広がっていく事、DIYである事、それは俺にとって紛れも無いJAZZPUNKである。

この公言からもうすぐ1年。何もわからなかった一本のちん毛は、100本くらいに成長した・・・気がする。

 

つづく

 

 

米国軟着陸 #64

嵐の前の静けさ・・・?

夜中はすでにマイナス6℃まで冷えるROCKVILLEに定着して8ヶ月強、なんだかんだ一時帰国の日程も決まり、年末年始に向けてクソ忙しいのは在日中と特に変わりはない。

————

帰国日程

1/21着陸〜1/27離陸

予定はこんな感じ

1/21 着陸〜直行、超新年会@高円寺

1/22 おばあちゃんに会って歯医者行ってリハ

1/23 四谷Doppo 地獄の曼珠沙華ワンマン

1/25 ???

1/26 両国SUNRIZE MUSHAxKUSHAワンマン

1/27 羽田に送ってくれる人募集中

————

最近は心がイライラする余裕が出来始めているのを感じる。ミュージシャンと深く関わるようになり、本質的な文化の違いも今になってヒシヒシと感じ始めている。3ヶ月や半年とかでは分からなかった事が。

————

そうそう、学校、5段階のクラスの上から2番目まで進級した。少し前に日本で英語の教師をしているって人が3番目のクラスだったので、もしかすると英語の先生やれるのか?なんて。

ネイティブとの会話なんて未だにままならないのに、日常と学校のバランスがよくわからん。

 

今日もそんな話を練習毎に一緒に飲みに行くLIONIZEのベーシスト、ハンクにしていた。

「おまえ毎回断らないな!」とか言われるが、「いやお前が毎回誘うからだろ!」なんてイチャイチャする程度には仲良しリズム隊になれている。

 

そんな日頃から彼が超おすすめしてきていたジャマイカンフードレストランに初めて足を運んだ。

f:id:uedagym:20181214110558j:image

週に2回くるらしいハンクは店員に俺の事を説明。俺がジャマイカンフードを食べたことがない事を店員に伝えると「冗談やめろよメーン」とジャマイカン夫婦店員に言われてしまったので「お前スキヤキ食った事あんのか?」と聞くと「食べた事ある」と言うので自分の見聞の浅さを恥じた。

f:id:uedagym:20181214112152j:image

 

ふと横に目をやると

f:id:uedagym:20181214110926j:image

ティービーワンダーご来店済み。

それも一回や二回じゃないみたい。

 

キャー!太郎!スティービーワンダーだよ!(NONMALTハーモニカ太郎は彼と知り合い)

 

そんなこんなで食べたんだけど、見た目はかなりドープだ。(チキンとキャベツとライスだけ)

ライスは教会のアフリカンフードと一緒だった。

f:id:uedagym:20181214111130j:image

f:id:uedagym:20181214111146j:image

f:id:uedagym:20181214111159j:image

猛烈な辛さと旨味、こっちにきて以来、1番美味しかった。てゆうか、生涯食べ物ランキングにランクインしてくる。

次からこっちに遊びにきた日本人は絶対連れて行こうと思うよ。

 

そんなこんなで、米国軟着陸当初では想像できなかった感じに、スルッと住み着いちゃってるわけでした。

 

つづく

 

米国軟着陸 #63

もう朝な訳だが今日は月曜休日。なんの日かは知らない。

Lionizeのアンサンブルもだんだん仕上がってきて徐々にドラムのアレンジを我が色に染め始めている。

Lionize - You're Trying to Kill Me (Official Music Video) - YouTube

 

しかしLionize、この初代ドラマーがバネがあって良い感じだ。このエッセンスも取り入れようと思う。

 

Lionize - Strange (Live in HD) - YouTube

 

兎に角年末にはClutchのJean Paul Gaster、そしてFugaziのBrendan Cantyが我がプレイを観るわけだからとりあえず過去最高の、今年の3月4日を超えるプレイを各日程の30分間で6回。それが最低ラインである。

はやくもメンバーからは愛のメッセージもいただいており、来年のツアー、夏のUKツアー、そしてレコーディングも叩いてくれと言われているが、ビザの問題で決定までは至っていない。が、おそらく彼らのレーベルやマネージャーの手によって事は良い方に進むだろう。

丁度一年ほど前に立てた目標の壁は、すでにオーバーキル状態だ。本ブログ、米国「軟」着陸が本着陸してしまう日もそう遠くはない。

————

f:id:uedagym:20181112214016j:image

俺はSF狂で、ファンタジーやホラー以外のSF映画はほぼ全て観ているはずだ。で今日、日本の後輩がJAXAに就職するという嬉しいニュースを聞いた。渡米前、好きで数回観ているインターステラーと言う映画をオススメして一緒に観たんだけど、それがキッカケの1つだなんて言ってくれちゃって、ストレートにJAXAの職員になってしまうなんて、ゾワッとするくらい嬉しかったし、年末のツアーが決まった時の次にビックリした。

 

自分で歯車を動かしていく人が結果を出していく姿は本当に元気がもらえる。テンションが上がってしまって寝れない。

 

As Imagination means nothing without doing, I’m going to do.

これを徹底する限り、道は無限にあるよね。

 

つづく

 

米国軟着陸 #62

Washington D.C. 昨日はエレクションデイ。そして見事に民主党共和党のねじれ国会が誕生した。政治に詳しくはないが、個人的にはトランプ氏がキックアウトされてくれるとイミグレ的に助かるので陰ながらそれだけを応援📣

————

一方で7ヶ月を過ぎた米国軟着陸、まだまだ足りないが普通に暮らす上での英語に不自由しなくなってきたと感じる。

そして年末には夢のようなツアーを控えてまた、教会での演奏も半年の節目を迎えた。

全てが2秒くらいの出来事かのようだ。

もちろん日本を懐かしく、美しく回想する事もある。ペヤングとお風呂、水道の勢いが恋しい。

————

ああ、またエモくなってきた。

渡米当初、1年で物事が進むわけが無い、死に物狂いだと意気込んで興奮していた感覚はもうどこかに消えてしまったのか当たり前になったのか、負の感情がどんどん消えて音楽的に洗練されていくような実感がある。自己分析として、あぁやっぱり俺はただただ「音楽」がやりたかったんだ。純粋に心を動かす歌や演奏の力を追求したかったんだ。と今更本質的に気付く。今まではどこか嘘があったような、自分を誤魔化していたような気さえするし、音楽に対して甘い行動をとっていた気もする。その狭間と気付きと訂正の繰り返し。これがずっと俺の中で謎めいていたJazzなのかも知れない。それは本当に永遠に終わらない、一生をかけた感性との戦いなんだ。

絶妙に興奮と落ち着きが混在するD.C.で、感覚が鋭くなってゆく。

それを持って、このツアーに臨む⬇︎

ウエダテツヤ on Twitter: "米国軟着陸 #61 - ウエダテツヤの米国軟着陸 https://t.co/088A2S2Qam 何処へ飛んでくの私の音楽 編"

————

f:id:uedagym:20181108150711j:image

教会での演奏はまさに、その気付きを与えてくれた気がしている。最近はもう動画を撮る頻度も減って、ただただググっ!と演奏して心震わせて帰る。みたいなルーティンだ。何が良くて悪いかなんて最早自分ではわからない。ただ素直に会話するように演奏する。それだけ。

近所のおばちゃん達と決してプロではないミュージシャン達が信じられない迫力とエモーションの音楽を奏でる。改めてなんて凄い勉強なんだろうと思う。お金を積んだって出来る事じゃない。

その価値観や感覚はリズムやダイナミクスになって、おそらく他所での演奏にも現れ始めている。それだけが次に繋がっていくのだ。

 

ウエダテツヤ on Twitter: "こんなのマジで見たことない。 トーンホール付き手笛。100%手。… "

 

つづく

 

 

米国軟着陸 #61

ハンバーガーが足りない

DCにはLIONIZEというこれまたコテッとしたアメリカンロックバンドがいる。ルームメイトDylanがサウンドスタッフを受け持ち、歴史はそれなりに長く15年ほどの活動歴を持ち中規模のライブ、USツアー、EUツアーを頻繁に行っている。ハモンドオルガンを奏でるクリス、ギターボーカルのネイト、ベースのハンクはオリジナルメンバーであるがリリースは重ねるものの、ドラマーに恵まれていない。

Lionize - Darkest Timeline (Nuclear Soul) - YouTube

HR(BadBrains)とのコラボ曲なんかもある。

LIONIZE with HR from BAD BRAINS - "I & I Survive" Live @ 9:30 Club, Washington, Dc 1/23/09. Features Tim Sult from Clutch on Guitar - YouTube

————

んで何が起きたかと言うと、米国軟着陸最初期にこんな事があった。

米国軟着陸 #4 - ウエダテツヤの米国軟着陸

 

今の今までこの話が再び出る事はなかったから、当然俺は忘れていたし、なんかこう、俺の気持ちを盛り上げてくれたのかな〜?なんて考えていた。

しかしアメリカ人、お世辞言わない、思ってない事言わない、思ったら言う。

彼らは今年夏過ぎにバンドにとって重要なツアーが決まり、演奏を洗い直す必要があった。

ドラマーに関してスタックしていた彼らはDylanに勧められて今になって俺の演奏をチェックしたらしい。インスタやYouTubeの動画などだ。

物事は動き出すと早い。ギターボーカルネイトから即連絡が入り、4曲完璧に頭に入れ、昨日初のジャムセッションを遂行。場所はクリスのプライベートスタジオ。ブースも数部屋ありレコーディング可。

f:id:uedagym:20181030023647j:image

f:id:uedagym:20181030023720j:image

(ハモンドオルガンとレズリースピーカー!)

素晴らしい環境をお持ちでただただ羨ましい。

肝心の演奏は素晴らしくハマって(そんな気がする)、久しぶりのシンプルムチムチ8ビートも楽しい。

俺の演奏の可否という重要な話もないままメンバーは「いやーツアー楽しみだねえ!すぐ新しい曲送るわ!」とか言い始めたので、そこで俺は正式にツアーサポートボランティア”になったのだなと理解する。

(なぜボランティアか?俺の所持するビザは「学生」だから。本業は学生であって仕事してはいけませんので、これは経験を積むためのボランティア。そう、素晴らしいボランティア。ボランティアが大好きです。)

 

Dylanのマネジメント?が機能しまくっている米国軟着陸。

まだ7ヶ月しかたってない。この物事の進みよう、ちょっと怖いくらいだ。たが彼は「最初からわかっていた」と言う。「まだまだこれから凄い事が起こる」と言う。もう!信じちゃうからね!

 

人生って本当にわからない。道を開いてくれるキーパーソンがアメリカにいたりするんだもんね。

まあ、英語が理解できるようになってきて色々「今更」気付いているだけなのかもしれないが、NINといい初音ミクといい、今回の事といい凄い奴だ。若干22歳、いや若干って言い方は日本だけのものかな。アメリカは年齢で能力を判断しないのも最高だ。聞かれる事もほぼ無い。

————

さらにツアーの内容が凄くて実感がついてこない。

f:id:uedagym:20181030030759j:image

CLUTCH

Clutch - X-Ray Visions - YouTube

というこれまた70年代後半からタイムスリップでもしたの?ってくらいコッテコテのUSロックバンドがヘッドライナーのツアーに、The messtheticsとLionize、MikeDillanBandって顔ぶれ。

よーくフライヤーを見てみると........

小さくex-Fugazi

え・・・あのフガジ?え?

と、理解するのに時間がかかった。

Fugaziリズムセクションによる新バンドのようでイアンマッケイはメンバーに入っておらず、全く別物だが非常に楽しみだ。てゆうか人生最大のメモリアルデイになる。80年代後半〜90年代の音楽育ちとして・・・。ゴクリ・・・。

 

更にロケーションも素晴らしい。

12.27 Rams head live! @Baltimore MD

f:id:uedagym:20181030025522j:image

12.28 Starland ballroom @Sayerville NJ

f:id:uedagym:20181030025722j:image

12.29 Aura @Portland ME

f:id:uedagym:20181030030117j:image

12.30 Upstate concert hall @Crifton Park NY

f:id:uedagym:20181030030430j:image

12.31 Temple live Masonic Auditorium @Cleveland OH

f:id:uedagym:20181030030700j:image

————

————

日本を発つ直前、誰と呑んで話したのかは忘れたが誰かがこんな事を言っていた。

「DCでロックと言えばBADBRAINSとFUGAZIだよね〜。会えたりするんじゃない?」

「まさか〜、なかなか難しいよそれは〜」

 

会うどころか共演である。

語学学生スーパーボランティアドラマーウエダテツヤ、始めての東海岸ツアー短期決戦だ。

 

アメリカ怖い。やればやるだけ、返ってくる。

もっとハンバーガーを食べて、USのゴリゴリのドラマーの蒸気機関に負けないエンジンを手に入れなくては。

 

つづく

 

 

 

米国軟着陸 #60

初心忘るゝなかれ。渡米ピッタリ半年、赤裸々回想だ。

f:id:uedagym:20181007163245j:image

———

約40回のストリートバスキングをした。

31回の教会でのゴスペルの演奏をした。

1本のフェスに出演した。

3回のライブハウスでの演奏をした。

6回の重篤なバーベキューパーティーをした。

ユースケ、太郎、燐ちゃん、3人の日本人アーティストを迎えた。

5ヶ月と1週間学校に通った。

スミソニアン博物館エリアは4回巡った。

ワシントンモニュメントの麓は3回訪れた。

ボーリング場の片隅にあるラッキーストライクバーがお気に入り。

4月前半に風邪ひいて寝込んで20代に感謝して回想した時、初めての友達Matheusがブラジルに帰っていった時、ex-ルームメイトBradlyがシカゴに引っ越していった時、東京のイッヌのバロンとアメリカのイッヌのルーシーが死んだ時に涙が出た。結構泣いてる。

コロンビアの女性とトルコの女性をちょっと好きになった。1人は人妻だった。もう1人は好きと伝えた。さらりと躱され、ありがとチュをされた。彼女が国に帰った時は悲しくはなかった。

ビールはシカゴ産のGoose IPAのドラフトがお気に入り。

SHAKE SHACKに行き過ぎてはいけない。

多分2回差別をされた。

人をリスペクトしつつ、気を遣ってはいけない。

 

———音楽はどう?

やっと入口をノックし始めた感覚。

例えば街中で「あ!君知ってる!」と声をかけられる事が増えてきたところなんかそう。もっともっと売り込まないと、良い演奏をしないと。

一昨日突如ライブをした時、ベーシストがショボかったけど、ピアノのOwenくんが素晴らしかった。演奏中、頭をBrian Bladeがよぎって、彼のまぼろしを追った。そして「アー」とか「ウー」とかすごく声が出ていた。音楽が胸にググッと入ってくる。これは毎週毎週歌に全神経を集中する、アフリカンアメリカンゴスペルの賜物な気がする。アーメンは言わない。もうもはや南無ですらない。

 

———英語はどう?

まだまだ全然ダメ。街中や日常生活は大丈夫。しかし我が家はヤングアメリカンピーポーの巣窟である。複数人のネイティブスピーカーが繰り広げる超高速のイディオムやスラング満載の会話に自然に存在してこその英語だろうと思うから。ビザがうまくいったとして、何年かかるんや。

 

——————

半年は

あっ

という間だった。と、言葉にするのが嫌なくらい

あっ!

という間だった。

ビキビキに緊張感のあった最初2〜3ヶ月を少し忘れていたが、半年の節目、このタイミングで思い出した。

音楽を深めるためにも、絶対にあの気持ちを忘れてはいけない。他の全てを忘れても。

特に、誰も俺を知らない土地に1人ポツンと降り立ったあの時あの瞬間の気持ちだけは。

あと、ずーっと頭をループしていたNONMALT-Comfort lightのクライマックス、アデルが爆誕させたメロディも。(宣伝)

NONMALT (@NONMALT_BAND) | Twitter

 

つづく

 

 

米国軟着陸 #59 (番外編)

って事で何をもって番外編か。流石に10年以上バンドを引っ張ってきたアーティストである。インターネットに対する意識がお高いである。

そう、来DC中、そして明日からNYへ単身乗り込むの燐。その滞在記がすでに面白いので紹介。

 

出国から到着まで | 燐ブログ

 

これ肝心、準備デイ | 燐ブログ

 

The pinch | 燐ブログ

 

こんな面白いなら、1人で行った方がもっとハプニングがあって面白かったんじゃないかとさえ思う。

週末旅の最後にスミソニアンエリアでの絶好のロケーションを狙ってのバスキングを残し、NY珍道中をお楽しみにして下さい。

 

https://www.instagram.com/p/BoaNsQYHRaL/

 

演奏ののち、絵が売れていくシーンは流石にアガった。そして購入者の店にデーンと飾られている様は、感動した。

ブッカーNatashaは非常にシンパシーを感じたらしく、演奏後涙ぐんでいた。

大人数の会話の中で咄嗟に言語をスイッチするのがまだまだ俺には難しくて、通訳する事も良い英語の練習になる。

 

この国は、まだ東の一部しか知らないが、やっぱり何度も味わう。やればやるだけ何かがポジティブに増えていく。

 

そして、俺も演奏したのでギャラがほしい。爆

 

つづく