ウエダテツヤの米国軟着陸

ドラマー・ウエダテツヤのアメリカ生活を赤裸々に報告

米国軟着陸 #62

Washington D.C. 昨日はエレクションデイ。そして見事に民主党共和党のねじれ国会が誕生した。政治に詳しくはないが、個人的にはトランプ氏がキックアウトされてくれるとイミグレ的に助かるので陰ながらそれだけを応援📣

————

一方で7ヶ月を過ぎた米国軟着陸、まだまだ足りないが普通に暮らす上での英語に不自由しなくなってきたと感じる。

そして年末には夢のようなツアーを控えてまた、教会での演奏も半年の節目を迎えた。

全てが2秒くらいの出来事かのようだ。

もちろん日本を懐かしく、美しく回想する事もある。ペヤングとお風呂、水道の勢いが恋しい。

————

ああ、またエモくなってきた。

渡米当初、1年で物事が進むわけが無い、死に物狂いだと意気込んで興奮していた感覚はもうどこかに消えてしまったのか当たり前になったのか、負の感情がどんどん消えて音楽的に洗練されていくような実感がある。自己分析として、あぁやっぱり俺はただただ「音楽」がやりたかったんだ。純粋に心を動かす歌や演奏の力を追求したかったんだ。と今更本質的に気付く。今まではどこか嘘があったような、自分を誤魔化していたような気さえするし、音楽に対して甘い行動をとっていた気もする。その狭間と気付きと訂正の繰り返し。これがずっと俺の中で謎めいていたJazzなのかも知れない。それは本当に永遠に終わらない、一生をかけた感性との戦いなんだ。

絶妙に興奮と落ち着きが混在するD.C.で、感覚が鋭くなってゆく。

それを持って、このツアーに臨む⬇︎

ウエダテツヤ on Twitter: "米国軟着陸 #61 - ウエダテツヤの米国軟着陸 https://t.co/088A2S2Qam 何処へ飛んでくの私の音楽 編"

————

f:id:uedagym:20181108150711j:image

教会での演奏はまさに、その気付きを与えてくれた気がしている。最近はもう動画を撮る頻度も減って、ただただググっ!と演奏して心震わせて帰る。みたいなルーティンだ。何が良くて悪いかなんて最早自分ではわからない。ただ素直に会話するように演奏する。それだけ。

近所のおばちゃん達と決してプロではないミュージシャン達が信じられない迫力とエモーションの音楽を奏でる。改めてなんて凄い勉強なんだろうと思う。お金を積んだって出来る事じゃない。

その価値観や感覚はリズムやダイナミクスになって、おそらく他所での演奏にも現れ始めている。それだけが次に繋がっていくのだ。

 

ウエダテツヤ on Twitter: "こんなのマジで見たことない。 トーンホール付き手笛。100%手。… "

 

つづく