ウエダテツヤの米国軟着陸

ドラマー・ウエダテツヤのアメリカ生活を赤裸々に報告

米国軟着陸 #38

テストの結果が出た。100点満点中ぴったり50点。進級に必要なのは80点。残念ながら、次回持ち越し。

もしかしたらと調子こいた。

が、そううまくはいかないアルヨ。

特に文法と作文、ひどい。合計40点の振り分けのうち、なななんと、

 

ななななんと....

 

4点・・・。

 

奇跡の点数を叩き出しつつ計50点取ってるのはリスニングとリーディングがなんだか上手く出来たから。

マネージャーWashimからもモチロン「なんでやねん」ツッコミが入る。

文法やボキャブラリーがビギナーレベルなのに、プリインターミディアレベルのリスニングテスト、雰囲気で突破してしまったようだ。

その点もWashimにはバレてる。

 

有難い強化特訓課題を大量にいただき、「このテスト、50%の生徒は2回目でパスするよ」と更に有難いプレッシャーもいただく。次回はまた6週間後だ。

 

喫煙所に好きな先生の1人、Danielがいたので軽く報告と相談。

学校指定外のオススメのテキストと、YouTubeの教材動画を教わる。本はその足で買いに行った。

f:id:uedagym:20180605114302j:image

やったる〜!と意気込むもやはり地味にショック。

進歩が見えないどころか、

実際進歩してないって・・・。

難しいんだよ〜

なんだよnot as-asって!大体adverbとadjectiveの区別すらついてないっての!もっと言うとbeの使い方すら意味不明だっての!未だに質問形すら忘れて断定しちゃうっての!

You can lend a bike

あなたは自転車を貸せます。(ゴリ押し)

 

Matt「・・・?oh,okey!」

 

変な「間」量産機、Tits Uedass.

 

嗚呼、今は亡き自転車。

—————

ひとつポジティブになろう。英検10級レベルで日本人無し、見切り発車でオリャッ!と渡米しても、別に生きていけるよ。友達ドンドン増えるし。

—————

学校後は重い心と重い機材を引きずってバスキング。も、全然ノれない。2時間、心頭滅却で演奏。

意識が遠のいた所で終了。

 

4点って・・・。ハァ。

 

・・・疲れきって帰宅。

焦っても無駄か。

CAST AWAY(4週目)観て寝るよもう。くそ。

 

ウィルソーン!!

 

つづく